記事一覧

H31D社従業員住宅新築工事

アップロードファイル 437-1.jpeg

十勝平野の西に位置する町に所在する、農業関連の法人が従業員の為、共同住宅を建設した。全室、冷暖房完備で1DKの間取りである。南向きに全室が向いており、日当たりが良く住環境を考えられた社宅です。現在、社宅を無くする企業が多い中、このように、社宅を整備する会社は従業員にとり、働きやすい職場に違いないと思う。経済的負担が少なく入居でき、孤立感が無く生活でき、現代の若者達の課題を解決するもので有るかも知れない。

H31N社社屋新築工事

アップロードファイル 436-1.jpeg

十勝管内幕別町に操業100年を迎える老舗企業の社屋の建て替え工事である。外断熱工法の在来工法での設計である。梁成500ミリを超える構造材を多用し、開口部ガラスはトリプルガラスを採用し、天井断熱も500ミリの吹込みブローインウールを施工する。
外壁はモルタル壁での下地に仕上げは弾性塗料の鏝塗り仕上げを施し波模様とし、玄関周りの外壁には道内産のレンガタイルでアクセントとした。

2019 本年も宜しくお願い致します。

アップロードファイル 435-1.jpg

昨年中は大変お世話になりありがとうございます。
本年も宜しくお願い致します。
年末、年始 とかちは穏やかな天候で皆様
良いお正月を迎えられたと思いますが
昨年も大阪北部地震、西日本豪雨、胆振東部地震
北海道内大停電と日本中で多くの災害が発生しています。
いつでも対応できますよう、日頃からの備えを欠かさないように
準備しておきたいものです。
私の勤めます帯広建築工業協同組合でも
帯広市との防災協定を結んでおり、災害時に復旧、
救助活動など行いますが、ほかに組合員同士の
非常時の協力の連絡網の構築を整備していく予定です。
皆様も建築物の災害時のことについて、備えなど
御心配なことがございましたら、いつでも
お気軽にお問い合わせください。
株式会社小澤建設
代表取締役 小沢昌博

H29F社倉庫鉄骨造

アップロードファイル 426-1.jpgアップロードファイル 426-2.jpg

F社様 商品保管倉庫新築工事になります。事業の売上増加にて商品の保管倉庫が手狭にて、今回新築となりました。近年、建設工事費が増加傾向にあり施主様の負担増になっています。

十勝の卓越技能者達へ表彰

アップロードファイル 424-1.jpg

本日、十勝地方技能尊重運動推進協議会、帯広地方職業能力開発協会、十勝技能協会連合会による新年合同交礼会及び表彰式がホテル日航ノースランドホテルにて開催されました。
帯広市長並びに十勝総合振興局長ほか衆議院議員、道議会議員の来賓をお迎えして、十勝在住の卓越技能者、青年優秀技能者、優良技能者合計26名の皆様へ表彰をさせていただきました。
今回、私も選考委員を務めさせていただきましたが、優秀な方々ばかりで今後も、更なるご活躍を期待いたします。
また、合わせて国土交通大臣表彰、北海道産業貢献賞、帯広市産業経済功労表彰、北海道職業能力開発協会長表彰、北海道技能士会長表彰の皆様も紹介させていただきました。

平成29年新年明けましておめでとうございます。

アップロードファイル 423-1.jpg

新年明けましておめでとうございます。平成29年は穏やかな天候で年が明けましたが、お正月は皆様、いかがでしたでしょうか。
私は元旦に帯広神社へ初詣でをさせていただき、本年一年の祈願をさせていただきました。
また、本日大野宮司より改めて御祈願いただきましたが、皆様も本年が良い年でありますことをご祈念申し上げます。

H28帯広畜産大学講堂工事

アップロードファイル 429-1.jpgアップロードファイル 429-2.jpg

帯広畜産大学講堂鉄筋コンクリート造リニューアル工事を施し快適に利用できるようにしました。

H28S社運輸会社鉄骨造

アップロードファイル 427-1.jpgアップロードファイル 427-2.jpgアップロードファイル 427-3.jpg

H28S社運輸会社様 車庫・倉庫新築工事になります。この度、この施主様から弊社への注文は新営2棟目になります。1棟目は整備場も兼ての建物でした。 

H28Oグループホーム工事

アップロードファイル 428-1.jpgアップロードファイル 428-2.jpg

帯広市に建つ、O施設グループによるグループホームになります。安全の為に火災報知器、スプリンクラー設備、そしてセキュリティの為、防犯カメラの設置用配管など整備しています。

H28年度 帯広I様邸

アップロードファイル 422-1.jpgアップロードファイル 422-2.jpg

新築工事始まりました

今日は、いつもより早く出社して 現場に向かいました
天気がよくてとても気持ちのいい朝でした

これから重機で掘っていくわけですが、

帯広市の「凍結深度」は 100cm その下に砂利も入れるので、120cmくらいの深さまで掘っていきます

-凍結深度-
土は凍ることによって膨張し、それによって基礎やその上の建物が持ち上げられる現象が生じるので、この「凍結深度」以下にしなければなりません 

ちなみに近隣の芽室、音更の凍結深度は   80cm
陸別や釧路の凍結深度は一番深くて    120cm
札幌市の凍結深度は    60cm
になります。

ページ移動