記事一覧

2019 本年も宜しくお願い致します。

アップロードファイル 435-1.jpg

昨年中は大変お世話になりありがとうございます。
本年も宜しくお願い致します。
年末、年始 とかちは穏やかな天候で皆様
良いお正月を迎えられたと思いますが
昨年も大阪北部地震、西日本豪雨、胆振東部地震
北海道内大停電と日本中で多くの災害が発生しています。
いつでも対応できますよう、日頃からの備えを欠かさないように
準備しておきたいものです。
私の勤めます帯広建築工業協同組合でも
帯広市との防災協定を結んでおり、災害時に復旧、
救助活動など行いますが、ほかに組合員同士の
非常時の協力の連絡網の構築を整備していく予定です。
皆様も建築物の災害時のことについて、備えなど
御心配なことがございましたら、いつでも
お気軽にお問い合わせください。
株式会社小澤建設
代表取締役 小沢昌博

十勝の卓越技能者達へ表彰

アップロードファイル 424-1.jpg

本日、十勝地方技能尊重運動推進協議会、帯広地方職業能力開発協会、十勝技能協会連合会による新年合同交礼会及び表彰式がホテル日航ノースランドホテルにて開催されました。
帯広市長並びに十勝総合振興局長ほか衆議院議員、道議会議員の来賓をお迎えして、十勝在住の卓越技能者、青年優秀技能者、優良技能者合計26名の皆様へ表彰をさせていただきました。
今回、私も選考委員を務めさせていただきましたが、優秀な方々ばかりで今後も、更なるご活躍を期待いたします。
また、合わせて国土交通大臣表彰、北海道産業貢献賞、帯広市産業経済功労表彰、北海道職業能力開発協会長表彰、北海道技能士会長表彰の皆様も紹介させていただきました。

平成29年新年明けましておめでとうございます。

アップロードファイル 423-1.jpg

新年明けましておめでとうございます。平成29年は穏やかな天候で年が明けましたが、お正月は皆様、いかがでしたでしょうか。
私は元旦に帯広神社へ初詣でをさせていただき、本年一年の祈願をさせていただきました。
また、本日大野宮司より改めて御祈願いただきましたが、皆様も本年が良い年でありますことをご祈念申し上げます。

H28帯広K様邸

アップロードファイル 417-1.jpgアップロードファイル 417-2.jpg

だんだんと形になってきました。
天気がいいのがなによりですね(*^_^*)

今回の住宅は16坪の平屋でとてもコンパクトにまとまっております。
これから屋根や外壁、内部のキッチンやお風呂が工事されていくのが楽しみです♪

H28帯広K様邸

アップロードファイル 416-1.jpg

新たな新築工事の現場です。
基礎工事が順調に進んでおります。

以前にもお話ししてると思いますが、この後この断熱材の上にコンクリートを打ち、床下を収納として使えるよう工事をしております。
基礎は全て外から断熱材でくるんでいるので床下配管の凍結の心配がなかったり、外気に触れていない分足元がひやっとすることもありません。

H27帯広畜産大学

アップロードファイル 412-1.jpgアップロードファイル 412-2.jpgアップロードファイル 412-3.jpgアップロードファイル 412-4.jpg

帯広畜産大学にてH27.10.23産業動物臨床施設
竣工記念式典が挙行され弊社も出席致しました。
日本の農業を支える帯広畜産大学の産業動物の
臨床施設群になり弊社では今回、産業動物飼育棟鉄骨造新築
及び隔離施設コンクリートブロック造改築を担当させて
いただきました。
全体で総事業費22億円となる事業でありました。

住宅を長く住み続けるためには・・・

アップロードファイル 409-1.jpgアップロードファイル 409-2.jpg

大切な住宅を長く住み続けるには、最初にしっかりとした作りの住宅を手に入れる。
大事です。その地で長きに渡り工法を研究し、実践してきた実績。建築工事は進化しています、日々改良がすすめられる中で、設計者、施工者が吟味してゆかないといい工事ができません。
弊社は、設計も施工も自社内で行います。それにより、スピーディに良い住宅ができてゆきます。
ただ、時間とともに悪くなる所もでてきます。なるべく早く、適切な修繕をしてあげることが、大事です。
そのためには、地域に根差した信頼できる経験をもつ工務店といいお付き合いをされてください。
 写真は川西に建つ、川原家の外観と欄間です。弊社の関わった建物ではありませんが、この欄間は前砂川帯広市長の秘書の徳光さんの祖父が御造りになられたものです。

新年明けましておめでとうございます。

アップロードファイル 372-1.jpgアップロードファイル 372-2.jpg

 新年明けましておめでとうございます。当社にとって昨年は、東日本大震災後の職人・資材不足や、公共工事増加や消費税増税による急な工事集中により慌ただしい年でありました。当社でも、消防署耐震改修工事や畜産大学国際会館改修工事など単独受注させていただきましたが、協力業者、従業員の尽力によって乗り切ることができました。
新年早々、新築着工、改修工事着工など数多く抱えさせていただいています。春先まで忙しい予定が続いています。

 当社は今年3月に創業48周年を迎えます。我々を取り巻く環境は、2020年のオリンピックに向けた公共事業が進行するなど、今年は景気浮揚が期待されていますが、多くの業界は 2020年以降の消費の冷え込みを懸念しています。住宅市場は消費税前の駆け込み需要後様子見の状況が続き、15年秋には更なる税率アップという試練が待ち受けています。また根本的問題として人口減に対する住宅ストックの超過などがあります。

 当社の家づくりの基本の考えは、お客様と社員自身が納得できる家を作り上げるという考えです。
 そのために、当社では地耐力のある安全な土地選びをお手伝いする為、宅地建物取引業の業務も行っております、希望の家に合ったお客様に最適の土地捜しを行います。
 また、お客様の希望の間取りをお聞きし耐震、耐久性に優れた設計を行う為に建築設計事務所の業務も行い担当建築士が社内で設計し、監理をしています。
 その設計を施工するに、建築工事業の建設業許可を所得しております。最適の職人を配置して、お客様と社員自身が納得のいく工事を施工しております。
 また、匠の大工達が安全に正確にお客様のご自宅の木材を加工、作業できるように、社内にクレーン付きの工場を設け自社内で木材を保管し作業しています。
 ただ、弊社のみではできない部分もありますので、協力業者も含めその考えに基づき取組しています。
 私達スタッフのプロの目で見て、最適なものを提案させていただいておりますが、デザイン的に価格的にお客様の希望にそぐわないものも中にはございます。
 しかし、この寒冷地十勝において両者とも厳選してゆくことが大切と考えます。
 現在住宅ローンは多くの場合35年と長い期間ローンを組まれます。当社のお客様も建築後30年40年の経過後も修繕、リフォームなどご連絡をいただきます。新築時その時に弊社で最善の家づくりができたので、今があると考えます。自身の目の届く範囲が限られますので多くの仕事はできませんが精一杯、今年もがんばります。

第44回 北海道職業能力開発促進大会

アップロードファイル 364-1.jpg

昨日、帯広ノースランドホテルを会場に企業における職業能力の開発促進と技能尊重気運の醸成を目的とした、職業能力開発と職業能力検定等の関係者の大会が行われました。功労者表彰、記念講演、懇親会を行いました。
表彰式では 
   ・認定職業訓練関係
   ・技能検定関係
   ・技能振興関係
   ・技能評価事業関係
   ・技能審査事業関係
   ・第50回技能五輪全国大会入賞者
   ・技能者育成基金寄付者
   ・北海道若年者優秀技能者知事賞
など表彰させていただきました。
参加者の若年技術者の技能五輪全国大会入賞者の中には世界大会へ参加されるかたもおり、日本のものづくりを世界へ発信していただきたいと思います。
下記の行政、団体、企業には後援、協賛をいただき感謝いたします。
北海道、帯広市、北海道新聞社、北海道建設新聞社、十勝毎日新聞社、N HK帯広放送局、北海道放送、北海道文化放送、北海道テレビ放送、テレビ北海道、札幌テレビ放送
(社)北海道商工会議所連合会、北海道商工会連合会、(一社)北海道建設業協会北海道中小企業団体中央会、高齢・障害・求職者雇用支援機構北海道職業訓練支援センター、(社)北海道技能士会

リノベーションとは

アップロードファイル 363-1.jpgアップロードファイル 363-2.jpgアップロードファイル 363-3.jpgアップロードファイル 363-4.jpg

住宅の長寿命化。十勝では多くの住宅が30年前後で建替えられてきました。これまでの住文化への反省から、昨今では「長期に渡って利用可能な住宅を」という考え方が定着しつつあります。

こうした考えに基づく「リノベーション」は、解体で生じる廃材が少なく、環境への配慮という観点からも注目されています。

◆リノベーションとは?

リノベーションとは、建物の骨組みだけを再利用し、内部をそれまでとは全く違う状態に作り変えることを言います。

リフォームが「元の状態(新築時)に戻すための表面的な修繕」であるのに対し、リノベーションは「新築時と根本的に異なる生活空間に改修する」という意味合いで使われます。

つまり、リノベーションは、キッチンやトイレを新品にするだけに留まらず、建物の骨組み(主要構造部)以外の全てを一新し、新築時とは全く異なるライフスタイルを適えるための手段と言えます。

すでに所有している建物をリノベーションする場合もありますが、新たに中古マンションや中古戸建てを探して、自分の好みにあったリノベーションをを施すスタイルが主流です。また、最近ではリノベーションを施した上で販売されている中古マンションや中古戸建ても存在します。

<リノベーションのメリット>

・ライフスタイルに適った自由な間取りにすることができる。

・新築マンションや新築戸建てを買うのに比べて、費用を低額に抑えることができる。

・新築マンションや新築戸建てに比べて、取得時からの資産価値の目減りが少ない。

・新築マンションや新築戸建てを買うのに比べて、物件の選択肢が広がる。

・固定資産税が安い。

<リノベーションのデメリット>

・設計の打合せ期間や工事に時間がかかる。

・既存建物の耐久性が不足の場合、補強工事が必要。

・住宅ローンを長期利用できるケースが少ないため、毎月の返済額が多くなるため、自己資金が必要となる場合が多い。

弊社の加盟団体でこのような説明がありましたので参考に。

ページ移動